fbpx

大阪金概況:上昇、週末要因もあり一段の上値追いには慎重

マネーボイス 必読の記事



大阪取引所金標準先物 21年8月限・日中取引終値:6342円(前日日中取引終値↑52円)

・推移レンジ:高値6363円-安値6325円

25日の大阪取引所金標準先物(期先:21年8月限)は上昇した。昨日の米国株式市場でダウ平均が反発し、このところの株価下落による損失を補う目的の金の換金売りが出にくかった。また、昨日までの2日間で金先物は300円を超す下げとなった後ということもあり、押し目買いが入りやすかった。ただ、週末ということもあり一段の上値追いには慎重で、ナイトセッションでつけた高値(6367円)を上回ることはなかった。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー