fbpx

NY外為:ユーロ戻り高値から反落、EU復興基金への懸念やECBのハト派姿勢

マネーボイス 必読の記事





NY外為市場でユーロは高値から反落した。ユーロ・ドルは欧州引けにかけたドル売りに一時1.1755ドルまで上昇後、1.1712ドルへ反落。ユーロ・円は123円94銭まで上昇後、123円65銭へ反落した。ユーロ・ポンドは0.9131ポンドから0.9067ポンドまで下落した。

ドイツ駐EU大使がEU復興基金の運用開始の遅れを警告。また、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁が連邦準備制度理事会(FRB)と同様インフレ率が一時的に目標を上回ることを容認しインフレ目標指針を修正する可能性に言及したため、ECBが想定以上に長期にわたり低金利を維持するとの思惑が強まりユーロ売り圧力となった。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー