fbpx

NY金:反発で1916.30ドル、9月ISM製造業景況指数は予想を下回る

マネーボイス 必読の記事



NY金先物12月限は反発(COMEX金12月限終値:1916.30 ↑20.80)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比+20.80ドルの1オンス=1916.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1890.00ドル−1917.90ドル。1日のアジア市場で1890.00ドルまで下げたが、その後反転。ニューヨーク市場の中盤にかけて1917.90ドルまで買われた。9月ISM製造業景況指数は市場予想をやや下回ったことや、米長期金利の上げ渋りを意識して金先物はやや強い動きを見せている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー