fbpx

東京為替:ドル・円は弱含み、ドル買い・円買いは継続

マネーボイス 必読の記事




23日午前の東京市場でドル・円は弱含み。注目された米大統領選候補者討論会は材料にならず、先行き不透明感からドル買いと円買いの地合いに変わりはない。日経平均株価は前日の米株高を受け強含んだが、日本株高を好感した円売りは抑制されているようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円67銭から104円94銭、ユーロ・円は123円41銭から124円02銭、ユーロ・ドルは1.1787ドルから1.1824ドル。

【要人発言】
・トランプ米大統領(共和党)
「コロナに感染し多くを学んだ。米国でのまん延は中国の責任」
「学校と政府の活動再開が必要」
・バイデン米前副大統領(民主党)
「安全に活動するのが重要で、そのための財源が必要になる」
「ヘルスケアは権利、民間の保険を選べないわけではない」

【経済指標】
・NZ・7-9月期消費者物価指数:前年比+1.4%(予想:+1.7%、4-6月期:+1.5%)
・日・9月全国消費者物価指数(生鮮品除く) :前年比-0.3%(予想:-0.4%、8月:-0.4%)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー