fbpx

ディスコ—急落、10-12月期業績見通しをネガティブ視

マネーボイス 必読の記事



ディスコ<6146>は急落。前日に上半期の決算を発表している。営業利益は234億円で前年同期比35.6%増益、7-9月期は141億円で同39.3%増益となった。会社計画を25億円上回り、市場予想も上回る水準だった。一方、10-12月期計画は88億円となり、市場予想を20億円程度下振れており、ネガティブに捉えられる展開になっている。為替前提が1ドル=100円と保守的なこと、抑制されていた研究開発費を計上することなどが想定比下振れの背景とみられる。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー