fbpx

連邦政府債務の持続性と米金融政策

マネーボイス 必読の記事



 22日の米国債券市場では、10年債利回りが6月上旬以来となる0.868%近辺まで上昇した。市場関係者の間では、「長期金利の急上昇は米国経済の早期回復を妨げる可能性がある」との見方が浮上している。また、追加経済対策法案の成立やウイルス感染の減少などによって長期債利回りがさらに上昇した場合、米連邦準備制度理事会(FRB)は、より長期の国債購入を検討する可能性が高いとみられている。FRBの金融政策は雇用の最大化や物価安定に寄与するものだが、連邦政府債務を持続可能な水準にとどめるために、長期債などの利回り水準の過度な上昇を抑えることも重要課題となりそうだ。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー