fbpx

マザーズ先物見通し:反発、GAFA好決算でセンチメント改善

マネーボイス 必読の記事



本日のマザーズ先物は反発が予想される。29日の米国市場は、原油価格の下落を警戒し寄り付き後に下落した。しかし、7-9月期GDP速報値が4-6月期の過去最大の落ちこみから予想以上の回復を示し過去最大の伸びを記録したほか、週次新規失業保険申請件数も予想以上に減少し回復期待が広がったことに加え、新型コロナウイルスの治療薬やワクチン開発期待から上昇に転じた。引け後に予定されている主要ハイテク決算への期待も高く堅調に推移した。ハイテク通信株の比率が高いナスダックは反発した。本日のマザーズ先物はナイトセッションがマイナスで取引を終了したものの、米国市場でナスダックが上昇した流れを引き継ぎ反発でのスタートが予想される。GAFAの決算がアップル以外は大幅増収となり、アップルも市場予想を上回る売上高や一株利益を発表したことから、投資家のセンチメントの改善し相場をけん引することが期待される。国内では昨日に時価総額上位銘柄のJMDC<4483>が21年3月期第2四半期業績の営業利益を5.50億円から11.07億円に上方修正を発表しており、同社や医療関連銘柄が相場を下支えすることが予想される。本日の上値のメドは1249.0pt、下値のメドは1122.0ptとする
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー