fbpx

東エレク—急落、決算内容ポジティブだが米株時間外下落などで出尽くし感優勢

マネーボイス 必読の記事



東エレク<8035>は急落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は1474億円で前年同期比43.9%増益、1270億円の従来計画を上回り、市場コンセンサスも80億円程度上振れた。ファンドリの好調などを背景に、通期予想も従来の2750億円から2810億円、前期比18.4%増に上方修正している。決算内容はポジティブとの評価が多いようだが、米ナスダックが時間外取引で下落していることもあって、徐々に出尽くし感が優勢となる形に。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー