fbpx

NY外為:ポンド高値から反落、英国とEU、漁業権など主要問題で依然隔たり

マネーボイス 必読の記事






NY外為市場でポンドは英国と欧州連合(EU)の離脱を巡る通商交渉への懸念が根強く、高値から反落した。ポンド・ドルは朝方1.2988ドルまで上昇したのち、1.2930ドルまで反落。ポンド円は135円81銭から135円31銭へ反落した。ユーロ・ポンドは0.8988ポンドから0.9030ポンドまで上昇した。

関係筋の話として、漁業権や他の主要問題を巡り英国と欧州連合(EU)は依然、かなり見解が食い違っているという。両者は11月初旬の交渉成立に向け努めていると伝えられているものの、警戒感が残る。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー