fbpx

ユーロ週間見通し:伸び悩みか、ECB追加緩和観測が上値を抑える要因に

マネーボイス 必読の記事



■軟調推移、ウイルス感染急拡大を嫌気したユーロ売り

今週のユーロ・ドルは軟調推移。10月独IFO企業景況感指数の低下や新型コロナウイルス感染の急拡大に対応して欧州諸国が行動規制などを強化したことから、リスク回避的なユーロ売りが活発となった。欧州中央銀行(ECB)が12月の追加緩和を示唆したことも意識されたようだ。取引レンジ:1.1640ドル-1.1861ドル。

■弱含みか、12月追加緩和の思惑強まる

来週のユーロ・ドルは、弱含みか。ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁は次回12月の理事会での追加緩和を示唆しており、ユーロ売り・米ドル買いに振れやすい展開となりそうだ。また、欧州諸国での制限措置が強化され、景気回復のペースは鈍化するとの懸念もユーロ売り材料となりそうだ。

予想レンジ:1.1500ドル−1.1750ドル

■軟調推移、12月追加緩和の可能性高まる

今週のユーロ・円は強含み。新型コロナウイルス感染拡大により、スペイン、イタリアに続いてフランス、ドイツにも行動制限の動きが広がったことから、リスク回避的なユーロ売り・円買いが強まった。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁の発言を受けて、12月の理事会で追加緩和が決定されるとの見方が広がったことも、ユーロ売り・円買いを促す一因となった。取引レンジ:121円62銭−124円23銭。

■伸び悩みか、ECB追加緩和観測が上値を抑える要因に

来週のユーロ・円は伸び悩みか。欧州中央銀行(ECB)は次回12月に開催される理事会で追加緩和に踏み切る可能性が高いとみられており、リスク選好的なユーロ買いは抑制される見込み。欧州主要国における新型コロナウイルスの感染再拡大や経済規制の強化も
ユーロ相場を圧迫する要因となりそうだ。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・4日:9月生産者物価指数(8月:前年比-2.5%)
・5日:9月小売売上高(8月:前月比+4.4%)

予想レンジ:120円00銭−123円00銭


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー