fbpx

ダイナムジャパンホールディングス—2Qは減収減益、新型コロナウイルスの影響大

マネーボイス 必読の記事



ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>は25日、2021年3月期第2四半期(20年4
月-9月)決算を発表した。営業収入が45,992百万円(前年同期比37.9%減)、税引前中
間利益が1,477百万円(前年同期比88.8%減)、中間利益が689百万円(前年同期比92.
1%減)の減収減益となった。

2021年3月期第2四半期では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を同社グループも
大きく受けた。2020年4月には日本政府の緊急事態宣言を受け、各都道府県知事からパ
チンコホールに対する営業自粛要請が発出された。当該要請に対応し、同社グループ
全448店舗中436店舗が一時休業を余儀なくされた。同年5月上旬以降、営業を再開して
いるものの、営業収入は前期比70%~80%の水準に留まっている。また、運営経費に
ついて、徹底的な削減に努めているとしている。

株主への利益配分については、1株当たり3円の中間配当とする。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー