fbpx

新興市場銘柄ダイジェスト:スマレジは上場来高値、アルファクスがストップ高

マネーボイス 必読の記事



<3816> 大和コン 1093 -87
大幅に3日ぶり反落。21年7月期第1四半期(20年8-10月)の営業利益を前年同期比13.5%減の1.40億円と発表している。ソフトウェア開発関連でIT投資予算の縮小やプロジェクトの延期などが発生し、売上高が8.3%減の6.40億円に落ち込んだことが響いた。販管費が7.8%増の1.07億円となったことも利益を圧迫した。通期予想は前期比8.8%減の4.15億円で据え置いた。進捗率は33.7%。


<3814> アルファクス 1080 +150
ストップ高。23年9月期の営業損益目標を8.80億円の黒字とする中期経営計画を発表している。20年9月期の実績は5.08億円の赤字。ASPサービス事業で契約見込み店舗数が昨年の6.6倍増となっており、うち85%程度が3期にわたって契約されると仮定した。また、新型コロナウイルスの影響が落ち着いて新規顧客との契約が進捗するほか、エネルギーシステム導入店舗数も増加するなどと見込んでいる。


<4431> スマレジ 5370 +625
上場来高値。大和証券が新規に「2」(アウトパフォーム)でカバレッジを開始し、買い材料視されている。目標株価は5700円としており、前営業日終値(4745円)を約20%上回る水準。同証券は「大和予想ベースの来期予想PSRで13.5倍、来期予想PERで80倍超の水準」とした上で、「コロナ禍でも登録店舗数は順調に拡大。下期から業績モメンタムは回復していく見通しであり、株価は再評価の余地がある」との見方を示している。


<7351> グッドパッチ 2923 +192
大幅に3日続伸。レシート買取アプリ「ONE」を提供するWED(東京都渋谷区)に出資すると発表している。出資金額は非公開。WEDはレシート買取アプリで収集した月間300万枚のレシートで得た販促データを活用し、各企業に販促情報の橋渡しを行い既存広告や販促施策を代替することを目指している。今後、両社で定期的なディスカッションを通じて事業連携を検討し、双方の企業価値向上を図る。


<2480> シスロケ 1893 +125
大幅に7日続伸。21年3月期の純利益を従来予想の3.20億円から4.70億円(前期実績3.27億円)に上方修正している。韓国で自動車ファイナンス事業者向け業務支援を展開する持分法適用関連会社のCAR AUCTION CO.,LTD.株98万株を同国のベンチャー投資会社メイプル投資パートナーに譲渡し、関係会社株式売却益(特別利益)が発生する見通し。持株比率は49.0%から24.5%に低下する。営業利益予想は4.43億円(同4.25億円)で据え置いた。


<2706> ブロッコリー 1510 +56
大幅に3日続伸。ブシロード<7803>と資本業務提携契約を締結したと発表している。共同してコンテンツや新製品、新サービスの企画・開発、販売などを実施する。第1弾として20周年を越えたマスコットキャラクター「デ・ジ・キャラット」のリブート展開を推進する。ブシロードは19年12月23日までにブロッコリー株34万1100株(発行済株式総数に対する所有割合は3.89%)を取得済み。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー