fbpx

個別銘柄戦略:キッコーマンや旭化成などに注目

マネーボイス 必読の記事



週明け11月30日の米国市場ではNYダウが271.73ドル安の29638.64、ナスダック総合指
数が7.11pt安の12198.74といずれも下落した。12月1日早朝の為替は1ドル=104.30-40
円(昨日大引け時は103.86円付近)。本日の東京市場では、米SOX指数の上昇を手掛か
りに、SUMCO<3436>、アドバンテスト<6857>の上昇が予想されるほか、円相場の軟化を
受けて任天堂<7974>も堅調な値動きとなろう。また、10月1日に発生したシステム障害
で金融庁から業務改善銘柄を受けたJPX<8697>があく抜け感から買い戻しが期待され、
リクルート株の売り出しが決まった電通グループ<4324>なども個別に物色されよう。
一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたキッコーマン<2801>、
旭化成<3407>、信越化<4063>、マクアケ<4479>、アマダ<6113>、ダイキン<6367>、NTN
<6472>、THK<6481>、安川電機<6506>、デンソー<6902>、スタンレー電気<6923>、日本
電子<6951>、小糸製作所<7276>、島津製作所<7701>、藤森工業<7917>、三井不<8801
>、カプコン<9697>、スクエニHD<9684>、日本空港ビル<9706>、コナミHD<9766>などに
注目。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー