fbpx

NY外為:ポンドじり安、通商交渉の行方睨む、英ワクチン承認も

マネーボイス 必読の記事





NY外為市場ではポンドがじり安推移した。大詰めを迎えている英国と欧州連合(EU)の通商交渉の行方を睨む展開となる。ポンド・ドルは1.3340ドルから1.3288ドルまで下落。ポンド円は139円52銭から138円90銭まで下落し11月30日来の安値を更新した。ユーロ・ポンドは0.9040ポンドから0.9084ポンドまで上昇し10月26日来の高値を更新した。

一方、英国は欧州連合(EU)や米国に先駆けて新型コロナワクチンを承認。米製薬会社のファイザーとドイツのビオンテック開発のワクチンの使用が来週から利用可能となることは同国の景気見通しにとりプラスとなるためポンドの下値を支える可能性がある。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー