日本で学ぶという不幸。シンガポールの教育水準がもう追いつけないレベル

shutterstock_114641506
 

日本の子供は不幸―。こう言い切るのは元参院議員でシンガポール在住の田村耕太郎さん。その理由を自身のメルマガに記していますが、なんとシンガポールの英才教育の現場では、小学生低学年生が英語を完璧に操り、ノーベル賞受賞者から超ハイレベルなレクチャーを受けているんだそうです。さらに家庭教師も最高水準とのことで、日本はとても太刀打ちできそうにありません。

日本の子供の不幸

私の仕事場の1つであるミルケンインスティテュートはノンプロフィットだが、ノンプロフィットといってもnot for profitという意味で資金は潤沢にあり、日本のジョークのようなNPOとは全然違う。ミルケンのfor profitの事業も手伝ってほしいとの話があって話を聞くとその1つが今日見た教育ビジネスである。

ミルケンは30年先を見て投資を組み立てている。その中で彼が投資をしている
のが、

・高齢化
・人材の移動
・教育

の部門である。まさに私のプロジェクトと合致する。彼の資金力と資本へのアクセス力をもってすればとんでもない事業ができる。そのとんでもなさが未来のためへの教育である。

シンガポール政府もミルケンの意見を取り入れこの教育事業を強力に支援している。ミルケンは「学校で最も大事な要素は教師の質だ」と各種データで分析して主張する。半端ない教師陣をこのシンガポールでも用意している。その1人が、ノーベル物理学賞受賞者でオバマが三顧の礼で閣僚(エネルギー長官)に迎えたスティーブン・チュン氏である。他にもバークレーやスタンフォードやMITから先生が送られてくる。世界最先端の先生たちから子供たちは、小学校低学年から、

・コーディング
・ロボット工学
・バイオ
・3Dプリンター工作
・資本市場と経済
・起業家精神
・交渉術
・ディベート術

を学んでいく。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本で学ぶという不幸。シンガポールの教育水準がもう追いつけないレベル
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい