台湾人少女に謝罪を強要。中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選

Tsai_Wahlkampf2
 

先日行われた台湾総統選で初の女性総統となった蔡英文氏。立法院選でも彼女が率いる、中国からの独立志向の高い民進党が圧勝しました。民進党大躍進の要因は多々ありますが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』著者の黄さんは、「周子瑜事件」をめぐり中国が犯した大失態の影響を紹介、併せてこれまで台湾を牛耳ってきた国民党の悪事を糾弾しています。

【台湾】中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選

<台湾総統選・立法院選>民進党が初の単独過半数

台湾での総統選挙と立法委員選挙が終了しました。結果は下馬評通りとなり、台湾は事実上中国に別れを告げ、新しい時代へと突入します。得票数は以下の通りです。

<総統選挙得票結果>
蔡英文ペア:6,894,744票 56.1234%
朱立倫ペア:3,813,365票 31.0409%
宋楚瑜ペア:1,576,861票 12.8357%

<立法委員比例選挙政党得票結果>
民主進   :5,370,953票 44.0598% 68議席
中国国民党 :3,280,949票 26.9148% 35議席
親民党   :794,838票   6.5203%  3議席
時代力量  :744,315票   6.1059%  5議席
台湾団結聯盟:305,675票   2.5076%  0議席
その他   :818,180票   6.7118%  2議席

立法院でも民進党は単独過半数を獲得して大躍進、国民党は歴史的大敗となりました。

選挙をめぐっては、とにかくいろいろありました。最も大きな騒動だったのが「周子瑜事件」でした。韓国語を学んで韓国で「TWICE」というグループの一員としてデビューし、人気絶頂にあった16歳の周子瑜(ツゥイ)という女性アイドルが、テレビ番組で台湾の国旗である晴天白日満地紅旗を振ったことが騒動のきっかけです。

その様子を見た台湾出身で北京在住の黄安という往年の男性歌手が、「彼女は台独派だ」と名指しで批判したことで、中国では周さんへの批判が燃え上がり、彼女だけでなく、同じ事務所に所属しているタレントは、すべて中国での活動を拒否されそうになりました。

韓国アイドルグループ「TWICE」の台湾出身ツウィに「台湾の旗を振った」と批判殺到 中国での活動休止にビデオで謝罪 総統選への影響も

そこで、事務所は彼女に謝罪会見を強要し、彼女は「大変申し訳ないことをしました。中国は1つであり、私は中国人として誇りを持っている」と謝罪しました。その様子はネットで全世界に拡散されたのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 台湾人少女に謝罪を強要。中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい