ハリウッドから見た「日本人」と「中国人」のイメージ変遷

2016.02.26
160
shutterstock_43980199 copy
 

ハリウッド映画にしばしば登場する、日本人と中国人を掛け合わせた変な東洋人。実は、ハリウッド映画における「中国人像」というものがあるそうなんです。日本人のイメージと比較してみると、その違いが分かって興味深いですよ。ではいったい、どんな違いがあるのでしょうか?

最強悪キャラ「フー・マンチュー」の登場から、セクシー系女性まで

あなたは「映画における中国人のイメージは?」と聞かれて、どんな姿を想像しますか?

一言でいえば、20世紀のアメリカ映画関係者が描いてきた中国人像は、とてもネガティブなものでした。

しかし現在、GDP世界第2位の大国となった中国の経済発展にともない、そのイメージは確実に変化しているはずです。

では、どのように変化してきたのか、過去のハリウッド映画における中国や中国人の描写を見れば、その変遷が分かるのではないでしょうか。

香港の日刊オンライン新聞「アジアン・タイムズ」では、過去から現代にかけて、ハリウッド映画の中で描かれてきた中国人像の変遷について詳しく解説しています。

遡ること1895年。

Chinese Laundry Scene」というコメディショートムービーには、ランドリーで働く中国人が、白人コミュニティを追われる日雇い労働者(Coolio)といった具合に「白人たちがしたくない仕事をする人種」として描かれました。

 source by: Youtube

1910年に入ると、“Yellow Peril”(黄色人種脅威論)というフレーズがメディアを賑わしました。

その頃までは、中国はアメリカに侵攻してくる“邪悪な人たち”とみなされていたようです。

また、当時はチャイナタウンの犯罪率が高かったことも手伝って、こうしたメディアの影響によりアメリカ人の間で中国人に対する差別的感情が湧きあがったという背景があります。

1924年に日本でも公開された「倫敦の秘密」(The Mystery of Dr. Fu Manchu)をご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

man chu 02image by: Wikipedia

この映画の主人公“フー・マンチュー”とは、イギリス人作家がつくった最恐の極悪な中国人キャラクターです。

しかも、この人物設定はのちに90年にも渡って“Yellow Perilのシンボルとなったほどインパクトの強いキャラだったようです。

man chu

これがその最強の悪キャラ“フー・マンチュー”

image by: アジアン・タイムズ

フーの外見は、長身でスリム、中国服と中国帽に身を包み、爪とドジョウ髭を長く伸ばして、常に悪魔の形相。

キャラ設定は、3つの大学で学位を取得するなど明晰な頭脳をもち、性格は狡猾で極めて残忍な人間として描かれています。(Wikipedia

その後、1940年まではフー・マンチューシリーズとして銀幕で活躍を続けていたのですが、1960年代にはすっかり姿を消してしまいました

それは、第二次世界大戦で中国とアメリカが日本を攻撃するもの同士として手を組んだという歴史的な背景があります。

そして、中国政府や市民からの圧力に耐えきれなくなった米国政府は、ハリウッドに対して中国に対する人種差別的な映画作りをやめるよう指示したということです。

徹底してますね。

この“フー・マンチュー時代”に作られた正反対の中国人キャラ“チャーリー・チャン”にも触れておかなければなりません。

彼はフーとは違ってポジティブなキャラクターで、知的で思いやりがあるヒーローとして描かれています。

しかし、正反対のキャラ設定だったのにもかかわらず、中国側からの批判は止みませんでした

なぜなら“中国人が従属的な役割を担っている”というイメージを拭いさることができなかったからです。

一度ついてしまったイメージはなかなか消えません

しかも、チャーリー役はなぜか日本人や韓国人の俳優によって演じられていたのですが、白人の俳優Warner Olandが演じるまでヒットすることはなかったようです。

白人が東洋人の役をやることも、昔はけっこうあったようです。

このキャラが、唯一ハリウッドで“肯定的に中国人が描写されている作品”だったということもあり、中国や香港でも評判になりました。

そして、真珠湾攻撃によって、日本人が中国人に代わる新たなYellow Peril”になりかわったという背景も、このチャーリーのキャラ設定から読み取れます。

そして時代は進み、ハリウッドのゴールデンエイジにはアジアのエキゾチックさを全面に押し出した映画の幕があがりました。

代表的な映画としては「上海特急」や「風雲のチャイナ」「大地」など。

特に「大地」という作品では、中国人農家の主人公が人生の荒波に負けずに生きて行く姿を英雄として描いています。

極悪人として描かれたフーの時とは全く正反対です。

ここまでは中国人男性のイメージでしたが、では中国人女性はどのように描かれていたのでしょうか。

中国系アメリカ人の代表的女優、Anna May Wongは“セクシーな女性役”として登場することがほとんどでした。

Anna_May_Wong_Shanghai_Express

Annna May Wong(左)

image by: Wikipedia

これはハリウッドが持つ、アジア人女性に対するステレオタイプを表現

このような映画の中では“頼りない中国人”という偏見によって、男らしい白人男性を拒否できないアジア女性、という表現が使われています。

イエローキャブ」と呼ばれた現代のアジア人女性に対する偏見はここから始まっていたのかもしれません。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ハリウッドから見た「日本人」と「中国人」のイメージ変遷
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい