韓国も大慌て。北朝鮮の核実験が「やめられない止まらない」ワケ

shutterstock_789477430
 

先日行われた北朝鮮による「核実験」が世界を騒がせていますが、彼らはなぜ、世界中から非難されても、制裁を受けても、核兵器の開発を続けるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、その恐ろしい理由をわかりやすく解説しています。

北朝鮮核実験、中国の制裁破りが金正恩体制を存続させている

皆さんご存知のように、北朝鮮は9月9日、5回目の核実験を行いました。これを受けて、国連安保理は緊急会合を開き、「過去の安保理決議の明白な違反だ」と強く非難する声明を発表しました。

というわけで、今回は、「北朝鮮の核問題」について考えてみましょう。

なぜ北朝鮮は、核兵器をつくるの?

まず、もっとも基本的なところから。なぜ北朝鮮は、世界から孤立しても、制裁されても、核兵器開発を続けるのでしょうか? 「核兵器を持たない独裁者はアメリカに殺されるから」です。

たとえば、イラクのフセインを見て下さい。彼は独裁者でしたが、「大量破壊兵器」は持っていませんでした。しかし、アメリカは、「もっている!」と決めつけて、イラクを攻撃。彼を捕まえて処刑した。たとえばリビアのカダフィを思い出して下さい。彼もまた、殺されました。シリアのアサドは、ロシアが守っているので生きている。しかし、ロシアが守っていなければ、やはり殺されたでしょう。

というわけで、

  • 核兵器をもたない
  • 反米国家の
  • 独裁者

は、アメリカに殺される可能性が極めて高い。だから、金日成も金正日も金正恩も、核兵器開発を続けるのです。

北朝鮮の核兵器は、どこまで開発が進んでいるの?

どこでも報じられているように、今回は5回目の核実験。

  • 1回目=06年10月
  • 2回目=09年5月
  • 3回目=13年2月
  • 4回目=16年1月
  • 5回目=16年9月

金正日が亡くなり、金正恩が後を継いだのが2011年。つまり、金正恩になってから、すでに3回目の核実験。しかも、今年2回目。ペースが速まっています

06年、09年、13年の実験は、原爆でした。しかし、今年1月の実験は、水爆と発表されました。そして、今回の実験では、とても重要な発表がされています。

北朝鮮、核弾頭の実験爆発に「成功」 ミサイル搭載可能と発表

AFP=時事9月9日(金)14時38分配信

 

【AFP=時事】北朝鮮は9日、同日実施した5回目の核実験が「成功」し、核弾頭をミサイルに搭載できることを確認したと発表した。国営メディアが伝えた。

原爆や水爆ができても、敵国を攻撃するためには、ミサイルに搭載できるほど小型化しなければならない北朝鮮はそれに成功した」と発表した。

もちろん本当かわかりません。とはいえ、核実験があると、必ず「ホントかわからない」という話が出てきます。

1回目の実験のときは、「ホントに原爆かわからない」と報道された。4回目の実験のときは、「ホントに水爆かわからない」と報道された。5回目の実験のときは、「ホントにミサイルに搭載可能かわからない」。

しかし、北朝鮮が「着実に核兵器開発を進めていることは事実なので、「楽観論」はアテになりません。

print
いま読まれてます

  • 韓国も大慌て。北朝鮮の核実験が「やめられない止まらない」ワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け