アメリカの、ちょっと斜め上を行くミステリアスなスポット10選

2016.11.10
43
2861262540_5b53717152_b
 

みなさんの日常は、神秘と不思議に満ち溢れていますか? 残念ながら、恐らくそんな人はほとんどいないでしょう。日々の暮らしは人の波と慌ただしさに支配され、週を終えるころにはすっかり息切れしてしまいます。そんな目まぐるしくも代わり映えのしない日常から解き放たれるために必要なのは、やはり「神秘」と「不思議」の世界です。今回はアメリカ国内に現存する、必ず訪れるべきミステリアスで魅力的な10か所についてご紹介します。 

1.  ハイウェイの高架下に眠る巨人『The Freemont Troll』

FremontTroll

image by: Wikipedia

シアトルでもっとも目を引くパブリックアートのひとつであるこの作品は、ハイウェイの高架道路の下にあります。

コンクリートでできた約5.5メートルの「モンスター」は、4人のアーティストによって造られ、スカンジナビアに伝わるおとぎ話をモチーフにしています。

シアトル市民に愛されるこのモンスターには、いろんな人が見に訪れてはタトゥーやネイルを施していくそうです。

2.  サイケな洞窟にお目にかかれる『Ra Paulette Caverns』

ニューメキシコのアーティストRa Pauletteが25年以上もの月日を費やして、自然の石窟を柱や窓、浅浮き彫りの壁を設えたサイケデリックな砂岩の洞窟へと作り変えたこの場所は、まさに神秘的で一見の価値あり。

彼の作品の多くは私財であるが、ここはガイド付きツアーでの観光が可能。

3.  巨大な足のモニュメント『Ozymandias on the Plains』

2861262540_5b53717152_b

image by: Flickr

イギリスの詩人Percy Bysshe Shellyが詠んだ詩「Ozymandias」は、古代エジプト王ラムセス2世の盛衰を謳ったもので、エジプトの砂漠の中で廃墟となったオジマンディアス王 (ラムセス2世) の像について描かれています。

そのオマージュとして、エジプトの砂漠ならぬ牛の牧草地に作られた巨大な足のモニュメントが観光名所となっています。

4. 電子オルガンがある鍾乳洞『 The Great Stalacpipe Organ』

Stalacpipe_Organ_booth_at_Luray_Caverns_(2012-03-24_19.25.14_by_Jon_Callas)

image by: Wikipedia 

バージニア州のシェナンドー渓谷にはたくさんの鍾乳洞があり、なかでも「ルーレイ鍾乳洞」は、世界で最も大きな楽器のひとつであるオルガンで有名。

1950年代に作られたこの電子オルガンは、パイプとして鍾乳石を使用するのです。

何キロメートルにも及ぶワイヤで演奏台を地層に固定し、完璧な音階を創り出すのです。

何とも神秘的な音色を奏でるこのオルガンは、毎日演奏されているそうです。

5.  巨大なアンテナ『Holmdel Horn Antenna』

800px-Bell_Labs_Horn_Antenna_Crawford_Hill_NJ

image by: Wikipedia 

1960年代、ベル研究所の研究員2名は、NASAの衛星を観測している際に「ブーン」という音を聞き続けました。

はじめ彼らは、当時電波望遠鏡として使われていた巨大なアンテナの上で、鳥が何か音を立てているのかと思いましたが、実はそれは、地面に浸透するマイクロ波背景放射の音だったのです。

この発見は、宇宙爆発起源論におけるビッグバンを証明するものとなり、世紀の大発見を称えられた彼らは、のちにノーベル賞を受賞しました。

print
いま読まれてます

  • アメリカの、ちょっと斜め上を行くミステリアスなスポット10選
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け