萩生田官房副長官の「ご発言」を紛れ込ませた、文科省「最後の一刺し」

Hagiuda_Koichi_at_Opening_Ceremony_of_the_Tokyo_International_Film_Festival_2016_(33644164565) (2)
 

安倍首相から「再調査」を命じられ、新たに8つの文書の存在を明らかにした文科省。しかし、その中には安倍首相らが予想だにしなかったものまで混ざっていたようです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、「文科省職員たちの官邸、内閣府に対する不信感がこの行動を起こさせた」との見方を示しています。

安倍最側近に文科省の「一刺し」

先週号で、加計学園の獣医学部を今治市に新設する計画について、萩生田官房副長官がどのようにからんでいたかを書いた。

当初明るみに出た文科省の内部文書8つのなかに、「萩生田副長官ご発言概要」というのがある。萩生田氏が「四国には獣医学部がないので、その点では必要性に説明がつくのか」「私の方で整理しよう」と語ったことが記録されている。

獣医の数は足りているので獣医学部の新設は必要ないという日本獣医師会、農水省、文科省の従来の考えを覆すための戦術を萩生田氏が、総理の知恵袋、今井首席秘書官らとともに練っていたことは、おおよその見当がつく。

獣医師会を納得させるには一校が限度だ。だが、京都産業大学という強敵が獣医学部設置に手をあげている。京産大を閉め出すため、昨年11月9日の国家戦略特区諮問会議に示され、決定されたのが「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とする」だった。獣医学部のない四国に絞るための文言だ。

実はこれ、「獣医師系養成大学等のない地域において獣医学部の新設を可能とする」という原案に、「広域的に」と「限り」を加えて修正したものである。

手書きで修正したばかりの文案を、内閣府職員が文科省職員へ16年11月1日にメールで送信した。そのメールには、修正の指示は「藤原審議官曰く、官邸の萩生田副長官からあったようです」と書かれている。

明らかに、今井秘書官とともに安倍首相から最も信頼されている側近、萩生田氏が加計学園の計画実現に手を貸したことを示すメールである。「萩生田副長官ご発言概要」と読み合わせてみると、より信憑性は増す。

なんと、形式上の担当大臣である山本幸三地方創生相は「文科省から内閣府に出向してきた方が、陰で隠れて本省にご注進したようなメール」と国会で発言。

はからずも、内閣府がバラバラな省益の混合体であることを暴露した。

そして、内閣府の藤原審議官に手書き修正を指示したのは自分だと言い張ったが、誰も山本大臣にそれだけの権限があるとは思わないだろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 萩生田官房副長官の「ご発言」を紛れ込ませた、文科省「最後の一刺し」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい