「ウチは大丈夫だから」という夫婦に限って突然、離婚するワケ

shutterstock_563451619
 

「ウチの夫婦仲は大丈夫だから」なんて思い込んでいる男性諸氏、ちょっと考え直したほうがいいかもしれません。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』で著者の真井花さんが取り上げているのは、そんな思い込みを抱いている男性に限って奥さんから突然「三行半」を突きつけられるケースが後を絶たないという、ちょっと恐ろしい話。もちろんその「予防対策」もしっかりと記されています。

「ウチは大丈夫」の恐怖

さて、本日は恐ろしいお話。

先日、すっかり結婚記念日を忘れていました。いろいろな方から「仲がいいですね~(^m^)」とよく言われます。そうねえ。まあ、たしかにヒトツしかないパウンドケーキはたいてい半分づつシェアしますし、深刻なケンカはしたことがありません。

ところが、知人夫婦の中には、残念なことに離婚してしまう方たちもいるんです。まあ、夫婦のことは夫婦にしか解らないと言いますからね。で、ポツポツとコトの次第を聞くんですが、この中で実に特徴的なのが「仲が良いつもりだった」というセリフです。離婚に至るなんて晴天の霹靂。テレビドラマの中だけのつもりだったわけなんです。それほど自分たち夫婦は仲良くやっていると思っていたと。

これ、すごく問題ですよね。離婚に至るほどの問題が当該夫婦にはあったはずなのに、それが少なくともこのセリフを言う側には全く共有されていなかったということですから。離婚をどっちが言い出すにせよ、そこに至るまでに何もなかったはずがなく、また相手に対して何も話さなかったはずはありません。

何か問題がありしかも話になっているはず」なんですよ。それにも関わらずコトの重大さが見過ごされノーテンキなセリフに結びつくわけですね。もう、コミュニケーション不全ここに極まれりです。

…でね(◆_◆)、案の定といおうかやっぱりといおうか(あ、同じ意味か)このセリフを言うのが全員」ということです。ま、私の見聞きした分だけですけど。つまり、なにか問題が起き、それを妻が夫に相談しているのに、夫は問題の深刻さを理解せず、軽く流してしまうということです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「ウチは大丈夫だから」という夫婦に限って突然、離婚するワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい