なぜ日本のサラリーマンは会社の理不尽な脅しにビビるのか?

shutterstock_629567120
 

会社から突きつけられる要求は、それがどんなに理不尽なものであっても「生活のため」に無理をしてでもこなす…。ストレス、溜まりますよね。そんな会社員生活に異を唱えるのは、無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』の著者・佐藤しょ~おんさん。「会社員時代にもっとムチャをしておけばよかった」とつくづく感じているという佐藤さんは、「この世で無敵のサラリーマンになるために持つべき覚悟」を記してくださっています。

サラリーマンはいくらムチャしても大丈夫

サラリーマンを辞めてつくづく感じるのは、

 ● サラリーマンの時にもっとムチャしておけば良かった

という後悔です。自営業者って思ったよりもムチャ出来ないんですよ。だってムチャの責任は全部自分が被らなきゃならないんですから。ところがサラリーマンだと会社が最後は責任を持ってくれるわけですよ。

こういう事を書くと、

 ■ サラリーマンだって責任を取らされるんだぞ

みたいな反応が返ってくるワケですが、そんなのは私だって分かってるの。部下の不始末の責任を取らされて干されたことだってあるんですから。でもね、所詮はその程度なの。

所詮じゃないよ、降格だぞ、始末書だぞ、出世のレールから外れるんだぞって喚いても、それでも「その程度」なんですよ。なんたって命までは取られないでしょ、家が他人の手に渡るわけじゃないでしょ、莫大な借金を背負うわけじゃないでしょ。これ全部、自営業ならあり得るんですから。法人にしていれば、最後は会社をたためば御破算になるところもあるんですが、それでも上場していない限り、借金は社長の個人債務ですから、再起不能になるくらいのダメージは負うわけですよ。

翻って、サラリーマンは所詮最悪でもクビになるだけですから。それ以上に悪い事は起こらないんですから。ビジネスで失敗して赤字になったって、あなた個人が損害賠償をすることにはならないワケですよ。これがどれだけ安心出来ることなのかというのは、サラリーマンを辞めて、全てを背負ってみた時に初めて分かるんですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ日本のサラリーマンは会社の理不尽な脅しにビビるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい