「核のゴミ、この辺に捨てます」国が突如発表した恐ろしい意図

 

地殻のダイナミックな活動と今、この形で日本列島があることの奇跡に感動と愛しい思いに包まれていた同じ時期に、それに水を差す出来事がありました。7月28日、国が、原発から出る「核のゴミの最終処分場建設に適した地域を示したという科学的特性マップを発表しました。

活断層や火山、鉱物資源などの情報をもとに、判断したといい、建設に最も適しているとされた地域は、沿岸部などを中心に日本の面積の約3割にのぼっています。900以上の自治体が対象となるというのです。

日本国内の原発では、現在2万5,000本分(1本当り500kg)に相当する「高レベル放射性廃棄物」と言われる使用済み核燃料が行き場がなく放置されています。「高レベル放射性廃棄物」は、放射線を出し続けながら、本当にゆっくりと原子核が他の安定した原子核に変わることで徐々に放射能レベルが下がっていきますが、人体に影響がないレベルまで放射能レベルが下がるには数万年~10万年かかると言われます。

ですから「高レベル放射性廃棄物」は、地下300メートルより深い岩盤に閉じ込める「地層処分」という方法で、10万年間安全に保管し続けられる処分場が必要なのです。この問題は、ずっと言われ続けながら、いまだに解決の目処が立たない大問題です。10万年ですよ。地震の予知すらできないのに、今後10万年の地殻変動を誰が予測できるのでしょう

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 「核のゴミ、この辺に捨てます」国が突如発表した恐ろしい意図
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい