堤防決壊で注目のメガソーラー。住民は設置を差し止めできるのか?

shutterstock_294043466
 

先日の「鬼怒川堤防決壊」の際にも、その遠因のひとつではないかと取り沙汰されたメガソーラー。人気の法律相談メルマガ『知らなきゃ損する面白法律講座』にも、お住まいの近くで建設計画が進んでいるメガソーラーが心配だという方からの相談のお便りが届いたようですが……。

近所にメガソーラー……法的に異を唱えられるのか?

相談□

我々の住宅の裏に8800平米メガソーラーが出来ることになり、設置場所の樹木が伐採されます。これによって気温上昇などによる環境変化から生じる被害規制する法律などがあれば教えてください。(60代:男性)

回答□

環境を保全するために、さまざまな法律があります。中心となるものとしては、環境基本法があり、森林の伐採については森林法などにおいて伐採の計画などを策定し、当該計画にそって森林を保全するように規律されています。また、各自治体で環境関連のさまざまな条例も制定されています。

例えば、「計画の範囲を超えて森林を伐採して太陽光発電設備を設置している」というような点があれば、違法性を問うことはできうるかもしれません。

しかしながら、漠然と「木が減って気温が上がった」ということだけで違法性を問うのは難しいと思われます。

また、今回のご相談のようにメガソーラーの設置ということであれば、通常は大規模な事業者が各種法令をチェックした上で、法的に問題のない設置を行うものと考えられます。その点からも、具体的な環境関連の法律に照らして違法性を問うのは難しいのではないかと考えられます。

それでも、「なんとかメガソーラー設置に法的に異を唱えたい」ということであれば、次のような方法が考えられなくはないです。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 堤防決壊で注目のメガソーラー。住民は設置を差し止めできるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け