韓国紙が報じた、北が気持ち悪いほど融和ムードを演出しだした訳

kp20180404
 

平昌五輪に始まった北朝鮮の「平和攻勢」とも言える動き。4月2日には金正恩氏が平壌で行われた韓国芸術団の公演を鑑賞、その後、韓国人アーティストたちと交流するなど、ほんの数ヶ月前には考えられなかったような状況となっています。何が北をここまで劇的に変化させたのでしょうか。無料メルマガ『キムチパワー』で韓国在住の日本人著者が、地元紙に掲載された「一つの答え」を紹介しています。

春がやってくるのか

チョ・ヨンピルやレッドベルベット(Red Velvet)など、韓国の有名歌手ら200人近くが訪朝し4月2日・3日に公演を行った。

2日の公演には金正恩夫妻も観覧し、公演の最後に歌手らと写真も撮った。金正恩が2列目に並んで写真を撮るのは異例のことという。彼は常に1列目のど真ん中を占める。歌手らと親しげに握手をかわし、「ありがとうございます(カmサハmニダ)」と言ったという。

文在寅政府発足から三か月後の2017年8月、北朝鮮はソウルを火の海にすると脅迫した。秋には核実験とミサイル発射を続けざまに行ない、いつ戦争が起こっても常にスタンバイの状態だった。

一体何が北朝鮮をこのように劇的に変えたのだろうか。朝鮮日報に一つの答えが出ていた。

北朝鮮サッカー代表チームのアンデルセン監督が最近、「経済的状況」を理由に辞任するという意向を明らかにしたというのだ。2016年5月から北朝鮮のサッカーチームを率いてきたアンデルセン監督は、インタビューで「北朝鮮の経済的状況が良くないのでこれ以上とどまることは困難」と語った。

ロイター通信は、アンデルセン監督が北朝鮮を離れる理由として、国際社会の対北朝鮮制裁が北朝鮮スポーツにまで影響を及ぼしたためと分析した。

金正恩は、サッカーマニアとされているが、外国人監督を正当に待遇できないくらい大変な状況だということだ。昨年東アジアサッカー大会に参加した北朝鮮チームは、制裁ゆえに賞金をもらえなかったのはもちろん、帰国プレゼント一つ買うこともできなかった。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 韓国紙が報じた、北が気持ち悪いほど融和ムードを演出しだした訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい