なぜバスケ「Bリーグ」のあのチームは集客を2倍にできたのか?

shutterstock_1080915170
 

発足から2年の今、ますますの盛り上がりを見せているバスケットボールのBリーグ。そのなかでも特に集客が伸びているのが千葉ジェッツというチームですが、同チームの戦略は店舗経営にも応用できると語るのは、無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さん。梅本さんは今回、その理由をメルマガ内で詳しく記しています。

千葉ジェッツの集客に学ぶ

Bリーグが盛り上がっています。観客動員数も増えてきていて、2017年度は約148万人でした。今年は、それを上回るのは確実です。そのBリーグの人気チームの一つ、千葉ジェッツの集客戦略について話を聞いてきました。講師は、(株)千葉ジェッツふなばし代表取締役社長の島田慎二氏です。

実は、千葉ジェッツは、3年連続で年間入場者数が1になっています。2016年の総入場者数は約135,000人で、2位のチームに3万人以上の差をつけてダントツです。そして、一試合平均入場者数は2014年が1,909人、2015年が3,539人、2016年は4,051人。3年間で2.3になっています。すごいですね。何か集客の秘密があるのでしょうか。

プロ野球でもJリーグでも、チームが強ければ観客が増えると考えられがちです。実は、必ずしもそうではありません。例えば、プロ野球でいえば、昨年セ・リーグ5位だった中日は、観客数では3位でした。また、Jリーグでは、さらに明らかです。昨年成績13位のFC東京の観客数は2番目で、成績17位のアルビレックス新潟の観客数は6番目となっています。

つまり、チームが強ければ観客が多くなるとは言い切れません。スポーツショップにたとえれば、有名ブランドをそろえるだけでお客様がやってくるわけではないということです。

それはともかくとして、千葉ジェッツはどのようにして観客を増やしたのでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜバスケ「Bリーグ」のあのチームは集客を2倍にできたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい