北海道発ローカルコンビニ「セイコーマート」は本州で成功するか

DSC_0565
 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「セブンの新サービス導入に対する加盟店の苦悩」に続き、今回取り上げるのは「セイコーマート、デイリーヤマザキの現状」について。特に北海道で高い知名度を誇るセイコーマートは、如何にしてその一大チェーンを北海道で築き上げたか、なぜか関東の一部に出店している現状などを、日比谷さんが詳しく解説しています。

【関連記事】沈むデイリーヤマザキ、6期連続赤字で山崎製パンの足を引っ張る

3大チェーン以外のコンビニの現状は?

最近のコンビニ業界は、セブンイレブンの一人勝ち状態が続き、ファミリーマートやローソンといった大手チェーンでさえ苦境が続いていることは、当連載で何度もお伝えしていますが、それでは3大チェーンに続く中堅チェーンの状況はどうなっているのでしょうか。

そこで今回は、北海道を中心に埼玉や茨城にも出店しているセイコーマート、山崎製パンが運営するデイリーヤマザキの現状を紹介していきたいと思います。

北海道民にダントツで支持されているセイコーマートの秘密

北海道に1000件以上の店舗を抱えるセイコーマート(以下、セコマ)。道内ではTVCMも放映されるなどすっかり定着していますが、逆にそれ以外の地域の方にはあまり馴染みがないかもしれません。実はこのセコマ、1971年に1号店がオープンし、日本で現存する最も古いコンビニエンスストアのひとつなのです。現在セコマは、北海道のほか、埼玉と茨城にのみに出店しています。

埼玉県内のあるセコマ店舗

埼玉県内にあるセコマ店舗

セコマの他チェーンにないサービスといえば、なんといっても店内調理されたお弁当やホットスナックが並ぶ「HOT CHEF(ホットシェフ)」でしょう。コンビニ店舗という限られたスペースに最適化された厨房設備と製造オペレーションを整え、「時間帯ごとにどの商品を何個製造するのか」「それに伴い人時生産性が目標を達成できるのか」を厳しく管理しつつ、各店舗でお弁当などを製造。その出来立てを店内に並べているのです。

例えば夕方の時間にセコマ行くと、おつまみ系のホット商材が多数陳列されているなど、時間帯に応じてフレキシブルな商品展開ができるところが、店内調理の大きな強み。セブンイレブンをはじめとした大手3チェーンでも成功できていないシステムです。

いっぽうで、100円ちょっとで買えるパスタや焼きそばなどの麺類も存在するなど、格安商品を多く揃えているところもセコマが支持を集める所以。PB商品も、大手コンビニチェーンではありえない価格帯のものが数多くあります。

ph002

埼玉のセコマで売られていた、セコマブランドのPB商品や北海道限定品

ph001

北海道フェア棚。山わさびやメロン関連の商品が多い

直営店への切り替えを進める理由

そんなセコマですが、経営面ではFC契約の解約を進め、直営店での運営を実現している点が、大きな特徴として挙げられます。

ホットシェフはもちろんのこと、PB食品も自社(関連)企業で製造するなど、SPA(製造小売)としての一面も持つセコマ。その効果を最大化するためには、店頭での最適な販売に加えて、配送効率や製造効率を検討してフレキシブルに商品製造を行う必要があります。

そこで通常のコンビニチェーンのような店舗(オーナー店)主体での商品発注だけでなく、本部からの一括発注(計画生産の実現)も実行すべく、直営店への切り替えを進めているのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北海道発ローカルコンビニ「セイコーマート」は本州で成功するか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい