日本も世界も逃れられない。各地に現れはじめた景気悪化の兆し

 

銀行が金を貸してくれない

まず、日本の話から。最近驚いたのは、水戸大家さんが「破産しました」という動画をアップしたことです。

YouTubeに今の現状を伝える動画をアップしました

実際は、破産したわけではないようなのですが、かなり苦しい状況みたいです。水戸大家さんは、不動産長者を「大量生産」してきた業界のカリスマ。メルマガ界でも有名で、読者数なんと15万人。私も10年ぐらいおつきあいがあり、水戸大家さんこと峯島さんは、私の本を何回も紹介してくださいました。

なぜ、水戸大家さんは、大変な状態になったのか? 銀行が融資してくれなくなったからだそうです。融資が厳しくなったのは、水戸大家さんだけの話ではなく、「全体的な傾向」のようです。

私は、日本の不動産投資の詳細はわかりません。しかし、現場で日々戦っている水戸大家さんの書かれている内容は信用できます。銀行が融資を減らし、不動産投資が減れば、当然不動産市場の景気は悪化していくでしょう(峯島さんは、すでに相当悪化しているといいます)。それが、経済全体に波及していくこともありえます。

ちなみに、日本経済、近未来にふたつの爆弾を抱えています。一つは、いうまでもなく「消費税再引き上げ」。2019年10月に、現在の8%から10%に引き上げられる予定。消費税が上がれば、当然消費は減ります。消費が減れば、会社はつくっても売れないので生産を減らす。生産を減らすと所得が減るので、消費はさらに下がっていく。

もう一つは、「東京オリンピックミニバブルの終焉です。2020年7~8月、東京でオリンピック、パラリンピックが開催される。そして、五輪前に建設ラッシュで景気がよくなり、五輪後にバブルがはじけて景気が悪くなるというのは、極めて普通の現象です。

というわけで、日本経済は、客観的に悪くなる二つの大きな要因があるので要注意ですね。

ところで、不動産投資している方は、水戸大家さんのメルマガがお勧めです。不動産市場の実態がわかりますので、是非ご一読ください。

水戸市のサラリーマン大家さん

ちなみに、私は水戸大家さんこと峯島さんが、再起することを信じて疑いません。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 日本も世界も逃れられない。各地に現れはじめた景気悪化の兆し
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい