忙しいのに業績が悪い企業の経営者が、根本的に間違えていること

shutterstock_102262657
 

業務に追われ気がついたらいつの間にか深夜。1日24時間では足りないと思っている方、多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さんは、「自分の仕事処理スピードの過信」が慢性的時間不足を生んでいる場合は疲労するだけであり、その場合は業務の優先順位が誤っているので、時間配分を組み立て直し空き時間を作ることで問題改善にあてることができると記しています。

忙しいのにはワケがある

忙しい」「時間が足りない」を口癖にしている経営者がいます。何がそんなに忙しいのでしょう。聞いてみました。

  • メーカーさんが来るので、応対しなければならない
  • お客様からの問い合わせに答えなければいけない
  • ブログも書かなければ
  • 労働基準監督署への提出書類がある
  • 会計帳簿をチェックしなくては
  • 加工用機械のトラブル修理が必要
  • パソコンのメンテナンスをしなければ

あれもしなければこれもしなければ、と言われます。これでは、毎日が忙しいはずです。だから、肝心なことが出来なくて困っているとも。肝心なこととは何でしょう。それは、経営戦略や販売戦略を考えることだそうです。これはいけません。確かに肝心なことが後回しになっています。

そして、業績が振るわないのを、何と「忙しいことを理由にしているようです。さらにいけません。このお店では、スタッフも忙しそうにしています。いつもバタバタと働いています。その内の一人に尋ねてみました。

「忙しそうですね」

すると、

「そうなんです。やってもやっても仕事が片付きません」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 忙しいのに業績が悪い企業の経営者が、根本的に間違えていること
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい