ジリ貧のローソンが始めた「コンビニの書店化」がパッとしないワケ

shutterstock_612557462
 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「コンビニの新規商品とそのプロモーション」に続き、今回取り上げるのは「本屋としての機能を強化させるローソン」について。リアル書店がどんどん減っていくなかで、コンビニがそれにとって代わろうという試みのようですが、成功するかは微妙だと日比谷さんは分析しています。

書店としての機能を強化するコンビニ

最近のコンビニは雑誌だけでなく、ビジネス書などを置いているところも珍しくないですが、そんなコンビニの書店化がさらに加速しそうな取り組みが、ローソンで始まるようです。

● ローソン、コンビニの「本屋」機能強化 専用棚設置店1000店舗増へ(SankeiBiz)

記事によると、文庫本やビジネス書などを並べる書籍専用棚の設置店を、年内をめどに約4000店に拡大する予定。また書店との併設店や、コミック本の品ぞろえを充実させた店舗も増やすという計画です。

ローソンが展開している書籍専用棚は、一般的なコンビニの雑誌コーナーとは違って、文庫本や料理・健康関連の実用書などを充実させていて、文庫本では映画化やドラマなど映像化された作品などの売れ行きが好調のほか、歴史物なども人気が高いとのこと。

ちなみにこの書籍専用棚を設置した店の平均日販(1店1日当たりの売上高)は、未設置店よりも600円多いというデータも。ローソンは店舗オーナーに積極的に提案し、設置店を増やしていきたいとしています。

先日も、ローソンが大手コンビニ業界で「一人負け」という話を書かせていただきましたが、ジリ貧のローソンとしては、この「書店化」で大きな増収を見込んでいるのかもしれません。

● 【関連記事】苦境コンビニ業界、ローソンの「一人負け」が鮮明になってきた

印刷する

人気のオススメ記事

  • ジリ貧のローソンが始めた「コンビニの書店化」がパッとしないワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい