北海道地震の一週前「地震の時代に入った」と予言したメルマガ

 

さらに地震は増加していくと断言できるその理由

ひとつは2017年11月の記事でご紹介した、「現在、地球の自転の速度が遅くなっている」ことに起因するものです。

これは、アメリカの経済誌フォーブスが特集していたもので、アメリカ地質学会の科学者たちの調査により、「現在、地球の自転が遅くなっている」ということがわかり、過去の事例と照らし合わせると、「地球の自転が遅くなっている時には、大地震が《必ず》増加していた」ことがわかったというものです。 記事は、下のものですので、ご参照いただければ幸いです。

「地球の回転が《謎の速度低下》を起こしている」:アメリカ地質学会の衝撃的な発表。そして来年、大規模地震の発生数は大幅に上昇するという予測も公開(In Deep 2017年11月21日)

ちなみに、「地球の回転が遅くなる」というのは、何とも衝撃的な響きですが、調べてみますと、「25年から30年おきに地球の回転は減速している」ことがわかっているのだそうです。

なぜ、地球の回転が遅くなるのかはわからないそうですが、平均で32年のサイクルでこのようなことが起きるそうなのです。そして、いちど「回転が減速」すると、それは「5年間続く」というのが判明しているのだそう。そして、歴史的に最も巨大地震が多く発生しているのは、「地球の回転が減速してから5年目」であることもわかっています。

そして、現在の地球の回転の減速が始まったのがいつかというと、「2014年」なのです。つまり、今年2018年は、「地球の回転が遅くなってから5年目」となる年で、つまり「過去のデータから大地震が多くなることが確定している時期」に突入しているのです。

これをご紹介したブログ記事は昨年のものですが、このアメリカ地質学会の発表が、ほぼ正しいといえる方向に進んでいることが今年になりわかった感じでもあります。そして、これまでの歴史では、5年間の地球の回転の減速が終わる来年からは、また通常の地震の回数に戻る、ということになるのかもしれません。

…ただ。 これは、アメリカ地質学会の発表とは全然関係ないことですが、今、地球や太陽を含めて、太陽系の惑星ってヘンじゃないですか。これについては、またメルマガでもご紹介させていただくと思いますが、さらに太陽系の惑星たちがムチャクチャになってきているのです。

そういう中で、ふと思うのは、「地球の回転減速も今まで通り5年間で終わるのだろうか」というようなことです。あるいは、「地球の回転の減速がずっと続いたらどうなるのだろう」なんてことも思ったりするわけです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 北海道地震の一週前「地震の時代に入った」と予言したメルマガ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい