中谷彰宏が「一流になりたい」という人を気持ちが悪いと言う理由

shutterstock_87537121
 

モンスター顧客とまではいかなくても、お店やレストランで他の客が大声を出しているようなシーンに出くわすと、決して気分の良いものではありません。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』のテーマは「一流の態度を身につけるトレーニング」。著者で現役教師でもある松尾英明さんが、一流のお店やサービスに触れることによる「学び」を説いています。

一流の働き手となる

時々、店員さんに対してすごく横柄な人がいる(店員さんの方が横柄な場合もある)。お金を払っているのから当然、という態度である(または時給以上のことはしません、という態度である)。

なぜこうなってしまうのか。きっと、自分が働いている時に、そういう態度をとられているのである。それは、可哀そうな人である。勤労時に人から感謝されていないのである。だから、自分のために働いてくれている相手に対して、感謝ではなく横柄な態度をとってしまう。

これを是正するトレーニング法を考えた。何に関してでもいいので、いわゆる「一流の店やサービスに触れることである。これをやると、なかなか横柄な態度をとれなくなる

なぜなのか。まず、一流のお店は、店員さんがものすごく丁寧に接してくる。それも、卑屈な態度ではない。「お客様」へのリスペクトがある。だから、こちらも丁寧にならざるを得ない(一流の品でもそうである。雑に扱えない)。

また、一流のお店では、サービスが学べる。どういう風にすると相手が嬉しいかがわかる。ちょっとした心遣いなど一流の店は全てが違う。それを、自分の仕事に取り入れていけばよい。

つまりは、そこが自己投資ポイントである。贅沢するために一流の店に入るのではない。自分を磨くために入るのである。それは、自分の仕事のサービスを受ける相手のためでもある。当然、身の丈より上なので、多少の緊張もある。それも修行である。

ここで、何をもって「一流」とするかである。一流は一位とは違う。一位は一つしかないが、一流はいくつあってもいい。一流とはその他大勢と違うということである。

ちなみにずっと前だが、大好きな中谷彰宏先生の講座で一流塾」というのがあり、興味があってそれに出たことがある。なるほど、一流は、全てがそれ以外と違う。一流の作家さんの言うことなので、説得力が違う。

その講座の中で、講師の中谷先生から「この中で私は一流ですという人?」という質問があった。誰も手を挙げなかった(当然、私も手を挙げられなかった)。

中谷先生いわく「そこがダメ」だという。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中谷彰宏が「一流になりたい」という人を気持ちが悪いと言う理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい