東名あおり運転、男に懲役18年の判決。地裁が危険運転致死傷罪認める

2018.12.14
2
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_601554329
 

共同通信やNHKなどによると14日、神奈川県の東名高速道路で、あおり運転の末に別の車による追突事故を引き起こして家族4人を死傷させたとして、危険運転致死傷などの罪に問われていた「東名高速あおり運転事件」で、福岡県中間市の無職・石橋和歩被告(26)に対して横浜地裁は懲役18年の判決を下した。各メディアが速報で伝えた。

この事件をめぐっては、危険運転致死傷罪が停車後の事故にも適用されるのかが最大の争点だった。同地裁の深沢茂之裁判長は、停車行為そのものは「危険運転」と認定せず、「運転中の妨害行為」が4人死傷に因果関係が認められるとし、危険運転致死傷罪の成立を認め、懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡した。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Shutterstock.com

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 東名あおり運転、男に懲役18年の判決。地裁が危険運転致死傷罪認める
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい