大人になったら試したい、毒親の呪縛から自由になる2ステップ

shutterstock_202716745 (1)
 

感情的に未解決な親との問題あると、大人になってからも生きにくさを感じるケースがあるようですが、具体的にどう対処していけば良いのでしょう。メルマガ『予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”』の著者で、心理カウンセラーの根本裕幸さんは、「どうすれば憎んでいる母親を許せるのか?」というお悩みに対して、的確なアドバイスをしています。

母を許す、ということ

お母さんを許すと親友みたいに仲良くなって万事うまく行く!というわけではないと思っています。ふつうに接し、適切な距離が取れる、大人の女同士の関係になるだけなのです。

職場や家庭などで日々起きた問題から、問題の相手に誰を投影しているのかに気づいたり感謝したり、自分の価値などが少しわかるようになってきました。1年前、半年前の自分と比べれば、かなり自己肯定感も上がってきています。
長い間拒絶していた父への許しも進んでいるらしく、責め憎むよりも理解や愛情と感謝を感じることが増えました。

そしてより楽で幸せな人生を選ぶことを考えると『本丸・母親』を許さねばならないと思うようにもなりました。
そこで、生きている母親に関わることなく、母親を許せるのでしょうか? もし会ったとしても、現状の対応ができるのでしょうか?
私から見た母親は超依存で何もしないできないのに構われ甘えたがり、還暦手前だというのに男女構わず粘着質に媚びる人です。幼い私に虐待もしていました。
実家に居た頃は幾度となく罵倒しあいましたが、私が家を出てからは無視・拒絶し、長い間音信不通にしていました。
今は諸事情で月1回は実家に行っていますが、話しかけられても不快すぎて無視しています。気が向いたら一言くらいは返すこともありますが、母親もほぼ話しかけてきません。

怒り不快感もありますが、年老いた母親に罪悪感も感じます。
でも許して普通の親子のように対応したらきっとひどい目に遭う、けれど母親の要求を拒否すれば罪悪感にも見舞われるに違いないとも思うのです。
母軸で思い込みだと頭ではわかっています
でも許しのワークを進めてみようとしても「無理嫌気持ち悪い」と、心が全力で抵抗します。

私の環境や心が変化しつつあるこの機会に、こじれたもの全部ほぐしてあげたいのですが、母親を許した先の世界で母親を拒否しても大丈夫なのでしょうか。

(Yさん)

根本先生の回答

お母さんも話しかけてこないということは、距離を置かれてることに気付いているのでしょう。
内心はどう思っているかは定かではありませんが。

そんなお母さんを許したいと思えるようになったこと自体がYさんの成長ですよね。
一生恨んでやる!!と思ったとしても仕方のないことがあったわけですから、それだけYさん自身が大人になったというか、器がでかくなったのでしょう。

「許し」ということを長年見つめてきたのですが、実はそれほどハードルが高いことのようには思わなくなってきました。

Yさんがお母さんを許したとして、たぶん、関係性はそんなに変わりません
実家に帰ってもあまり話をしないだろうし、相変わらず「嫌いだなあ」と思うこともあるでしょう。

ただ、実家に帰るときのプレッシャーはなくなり、お母さんの態度を見ても嫌悪感は減り、かつ、感謝の気持ちも他方で芽生えているし、かといって、じゃあ、好きか?と言われるとそうじゃないよね~という状態になるんじゃないかなあ、と思います。

もちろん、許しにも段階があるのですが、私ががここでいう許しというのは「生活に支障のない程度に抵抗感がなくなり、幸せに暮らせる状態」です。

母を許す、ということは、いわゆる、ふつうのおばちゃん(おばあちゃん)として接することができる状態を目指します。

「母と娘」の関係から、大人の女同士の付き合いに変わっていくことです。

娘として母を見ていると、色々と期待し、判断し、不満が出て、葛藤も生じます。

しかし、それが「ふつうのおばちゃん」として見れるようになると、「そういう人もいるわなあ」としてそうした葛藤は少なくなります。

距離の近い関係であることは変わらないけれど、自分とお母さんの間に線を引いて影響を受けなくなります(つまり、自分軸が確立されます)。
つまり、母と娘の状態で居続けることは、母軸で生きていることになり、だからこそ、嫌な気分になるわけです。

だから、私は私、母は母、という基本的なアファメーションも許しに使えます。

つまり、お母さんを許したら親友のように仲良くなって笑い合い、信頼し合い、感謝し合える関係になる、なんて思わなくても良いのです。
もちろん、そういう母娘もいますけど、それはきっと人としての相性の良さ、価値観の近さがあるからでしょう。

お母さんに対して自分軸でいられて常に適切な距離が取れるようになり、その影響を受けなくなる状態、これが許しの状態だと思っていただいて大丈夫です。

もし、Yさんが癒しマニアで「完全なる許し」を求めるのであれば話は違いますが、日常生活において、あるいは、今後、年老いていくお母さんに対して、平常心で関われるようになれたらいいのであれば、そのくらいの感覚を目標とすればいいと思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 大人になったら試したい、毒親の呪縛から自由になる2ステップ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい