なぜ、この「レトロゲーセン」はここまでSNSで拡散されるのか?

D2uT3zyUgAIPaQ8
 

企業にとって必要不可欠な「差別化」のために重要なのは、「他社がやらないことを試みている」ということ。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、時として売上より修理代がかかることがあるにもかかわらず、レトロゲームを可動させ続けるゲームセンターの戦術・戦略を分析しています。

他社がやらないこと(やろうと思わないこと)を行う判断

根強い人気を誇る「ゲームセンター」を分析します。

レトロゲーセン ザリガニ(ゲームセンター) 

戦略ショートストーリー

レトロなゲームが好きな方をターゲットに「レトロゲームのメンテナンス力」に支えられた「珍しいゲーム懐かしいゲームで遊べる」等の強みで差別化しています。

名作中の名作や幻の名作、神ゲーと呼ばれる他では見られない希少なゲームをラインナップし稼働させることで、幅広い層から支持されています。

■分析のポイント

希少性は、差別化するうえでの一つのセオリーといえますが、「レトロゲーセン ザリガニ」は、名作ゲームをシリーズで揃えるなど、複数の希少性を組み合わせることでより一層、希少性を高めています。

希少性を高めることでここでしか体験できない価値人によっては夢のような空間を提供することにつながっています。

そして、レトロなゲームをラインナップするうえで重要となるのが、ゲームを稼働させるためのメンテナンスです。

レトロなゲームを集めるもの大変ですがリリースから30年以上経っているゲームを稼働させることの方が難しいと思われます。

「レトロゲーセン ザリガニ」の公式Twitterでの投稿によると、時には、売上より修理代の方が高いこともあるようです。

この部分が今号のポイントとなります。

売上より修理代の方が高かったら、やらない(稼働させない)という判断をするのが、ビジネスでは当たり前でしょう。

ですが、「レトロゲーセン ザリガニ」の場合、売上より修理代が高くても稼働させようとしています

このことが何を意味しているかというと、他社がやらないことやろうと思わないことをやっているということです。

だからこそ、差別化ができているわけですね。

こういったひとつひとつの判断から、企業の方向性を伺うことができますが、珍しいゲームを末永く遊んでもらおうとしている「レトロゲーセン ザリガニ」の姿勢が表れています。

今後、「レトロゲーセン ザリガニ」がどのような存在になっていくのか、注目していきたいです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ、この「レトロゲーセン」はここまでSNSで拡散されるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい