なぜ、鉄人・金本知憲は引退会見で「後悔を公開」したのか?

shutterstock_1145796977
 

その場では大成功をおさめたように感じたとしても、後になって「ああしておけばよかった…」と後悔したという経験をお持ちの方、多いのではないでしょうか。無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で人気コンサルタントの中久保浩平さんは、その後悔を「公開」することの重要性を、野球選手の金本知憲氏の引退会見を例に挙げながら解説しています。

後悔を公開しよう

イチロー選手の引退会見が記憶に新しいですが、私の場合、広島カープ、阪神タイガースで活躍した鉄人・金本さんの引退会見が未だに脳裏に強く残っています。

金本さんは、会見で「もっとやっとけば良かった。もっとやっておけばもっと違った成績を残せたかも知れない。若い選手には、上を見ればキリがないけどキリがないほどにやって欲しい。と伝えたい」と自身の悔いを交え語っていました。

フルイニング連続出場の世界記録を持ち、骨折しても右手一本でヒットを打つ、頭部にデッドボールを当てられても次の打席でホームランを打つ、まさに鉄人。そんな超一流のアスリートの言葉だけに非常に重みを感じたのと同時に、あれだけの選手であってもまだまだ悔いが残っているものなのか、とも感じました。

この言葉を聞いた若手選手は、「金本さんほどの選手でも…」と感じたに違いないでしょう。

さて、ビジネスや商売の世界で生きる我々にとっても悔いる機会というのは、多かれ少なかれあるのではないでしょうか?たとえば、お客様の前でプレゼンするも反応はイマイチ。プレゼン終了後、「もっと資料をわかりやすくしたほうが良かったか?」「伝えなきゃいけないことの半分も伝えることができなかった」など。

どんな仕事もプロですから当然、成果、結果を求めて全力で取り組みます。それでも、120%満足できることはそうそうあるものではありません

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ、鉄人・金本知憲は引退会見で「後悔を公開」したのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい