「はやぶさ2」、小惑星に人工クレーターを作ることに成功

2019.04.05
4
by gyouza(まぐまぐ編集部)
hayabusa
 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の小惑星探査機「はやぶさ2」が5日、難易度が高いと言われていた「人工クレーター生成」という人類初のミッションに成功したことが判った。JAXAほか、NHKなど報道各社が速報で伝えた。

さらに、JAXAはクレーターができる際にできる噴出物を確認したと発表した。

小惑星に人工的にクレーターを作ることに成功したのは世界初となる。(随時更新)

また、 JAXAhは、はやぶさ2が衝突装置を分離した際に撮影した写真も公表した。はやぶさ2は現在、小惑星リュウグウから離れる方向へ飛行し、2週間ほどかけてリュウグウの高度20kmへ戻るという。

スクリーンショット 2019-04-05 17.27.22

「はやぶさ2」搭載の広角の光学航法カメラ(ONC-W1)で撮影した、分離後の衝突装置(SCI)の様子。image by: JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研

 

関連記事:● 実は「はやぶさ2」超スゲー。人気ブロガー・きっこが徹底解説

 

image by: Go Miyazaki [CC BY-SA 4.0], ウィキメディア・コモンズ経由で/p>

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「はやぶさ2」、小惑星に人工クレーターを作ることに成功
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい