自殺は5月に急増する。「休み下手」な日本人が10連休にすべき事

shutterstock_796333024
 

いよいよ10連休が間近に迫ってきました。ある調査では4割の人が「うれしくない」と回答するなど受け止め方はそれぞれですが、この期間に「ストレスの対処」に取り組んでほしいというのは、健康社会学者の河合薫さん。河合さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、ストレス状態から脱するだけでなく、そのストレスを成長の糧とすることが可能な対処法を紹介してくださっています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2019年4月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

「約束破りの季節」と10連休

来週末からいよいよゴールデンウイークですが、皇太子さまの新天皇即位などに伴い、10日間の大型連休となります。

サービス業や医療関係者、あるいは非正規雇用の人たちはお休みできず、時事通信が行なった調査では「4割が10連休うれしくない」とのこと。「今後も国が主導して長い連休をつくるべきか」との問いには、「そう思う」の29.9%に対し、「そう思わない」が66.8%だったと報じられています

10連休「うれしくない」4割=家事も仕事も「休めない」

本来であれば「10連休」は10連休として、時期をずらすなどして休めればベストですが、とかく「休み下手」な日本では難しかもしれません。

しかしながら、健康社会学的見地からはこの時期の大型連休は、極めて重要かつ必要な心を休める期間」です。

実は、5月は「自殺者」が増える魔の季節。この傾向は世界的に認められ、ある調査では「春になると年平均値から10~25%ほど増える」ことがわかっているのです。

なぜ、春に自殺者が増えるのか?

世界中の研究者が「謎の解明」に努めてきましたが、残念なことに一貫した回答は得られていません。

しかしながら、大きくは「太陽の功罪説」と「約束破りの効果説」に分けることができます。

前者は、日照時間が急激に長くなることに注目したもので、

  • メラトニンやビタミンDの生成量の変化に関係するのではないか?
  • 花粉の飛散がサイトカインという免疫物質を引き出し、炎症反応を強めるのではないか?

といった具合に、ストレスに関連する“体内物質の変化”を原因とする理論です。

一方、後者の「約束破りの効果説は(broken promise effect)」は“心と環境”にスポットを当てたもので、春先に抱く希望現実とのギャップが自殺の引き金なる、とする考え方。

春は草木や動物だけでなく、実は人間にとっても「成長の季節」のため、「よし、がんばろう!」という前向きな気持ちが高まるものの期待通りにならないことの方が実際には多い。そのギャップがストレスとなり、まるで「約束を破られた」ときのようにショック状態に陥るとされているのです。

特に新年度と重なる日本では、新しい職場や人間関係に関連して「今年度は○○しよう!」と期待・奮起する人は多いはず。が、思った通りにいかないばかりか、新しい環境に上手く適応できず「もう無理」と生きる力が萎える。とりわけ日常的にストレスを感じているミドル世代は、外の光の明るさとは裏腹に、心は暗闇に翻弄されがちです。とはいえ、いかなるストレスに遭遇しても、ストレッサー(ストレスの原因)そのものはそれほど重要ではなく、いかに、そのストレッサーに対処するかでその後が決まります

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 自殺は5月に急増する。「休み下手」な日本人が10連休にすべき事
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい