あの松下幸之助が新人研修で語った、「自分の運を良くする方法」

shutterstock_661269472
 

誰もが入社時には、やりがいのある仕事をしたい、出世したいといった夢や希望を持っているものです。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、松下電器産業(現・パナソニック)や松下政経塾で創業者の松下幸之助氏から直接薫陶を受けた、上甲晃氏が実践してきた仕事に対する取り組み方を、幸之助氏とのエピソードを交えながら紹介しています。

松下電器の重役になれる2つの方法

新入社員でも意識は社長になれ!

松下電器産業(現・パナソニック)の創業者・松下幸之助の訓話は刺激に満ちていたといいます。

長年、松下氏から直接薫陶を受け、松下電器と松下政経塾で活躍した上甲晃氏の土台となった経営の神様の教えとは?

20代をどう生きるか 

私が人生で最も影響を受けたのは松下幸之助に他ならない。大学で様々な専門の知識を勉強したが、本当の生き方を教えられたのは会社に入ってからであり、もっと言えば、松下幸之助と出逢ってからである。

とりわけ心に深く刻まれているのは新人研修での訓話だ。正確な言い回しは忘れてしまったが、

「君らな、僕がいまから言う2つのことを守り通したら、松下電器の重役になれる」

といったような前置きをした上でこう言った。

「1つは、いい会社に入ったと思い続けられるかどうかや」

誰でも入社したばかりの時はいい会社に入ったと思う。しかし、嫌な上司がいたり、意に沿わない仕事をさせられたり、様々な不遇に遭う。それでもなお、いい会社を選んだと心から思えるかどうかはすごく大事なことだ、と。

「人間、9割は自分ではどうにもならない運命のもとに生きている。その運命を呪ってはいけない喜んで受け入れるすると運がよくなる

とも教えられた。世に数百万社あるといわれる中で、この会社に入ったというのは、縁や運としか言いようがない。その自分の運命を呪わず、前向きに喜んで受け止めていくと人生は好転する。これは会社のみならず、生まれた国や自分の容姿などあらゆる境遇に当てはまると学んだ。

「もう1つは、社会人になってお金が一番大事と思ったらあかんぞ。もちろんお金も大事やけどな、お金は失くしても取り戻せるんや。

しかし、人生にはこれを失うと取り戻すのに大変苦労するものがあるそれは信用や。信用を大事にせなあかん」

この2つの言葉に強烈な衝撃を受けた。同時に、私の社会人生活の基本、考え方の根っこになった。

不思議なもので、後年同期にこの話をしたところ、皆覚えていないと言う。当時の私は松下電器に入社したからには、重役になろうと思って真剣に聞いていたのだろう。そこだけ鮮明に記憶していた。

どういう意識で過ごしているかすべては受け手の姿勢次第なのだとつくづく感じる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • あの松下幸之助が新人研修で語った、「自分の運を良くする方法」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい