トランプ大統領と話す金正恩の姿に思う「彼は英語を話せるの?」

shutterstock_1121728538
 

「金正恩朝鮮労働党委員長が絶好調に見える」と切り出したのは、メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で、北朝鮮研究の第一人者の宮塚利雄さんです。宮塚さんは、板門店で実現した米朝首脳会談の様子を見ての感想と、その少し前に日本で行なわれた北朝鮮の元英公使太永浩氏の出版記念講演会で感じた、その人物の印象について綴っています。

太永浩元英公使の日本についての知識を聞いて感じたこと

金正恩朝鮮労働党委員長が絶好調のように見える。世界の大国・アメリカのトランプ大統領と1年以内に2度も「出会い」と「別れ」を演じ、さらに、6月30日にはトランプ大統領と訪問先の板門店の休戦会談場(北朝鮮側は停戦会談場)で会い、トランプ大統領を休戦ラインの北朝鮮側に招き入れることさえも行った。 満面の笑みを浮かべた金正恩は、堂々とトランプ大統領と話していたが、彼は英語を話せるのかな。父の金正日は何を言っているのか分からないような話し方だったので、ついには「新年の辞」を自らの言葉で話すことなく、三紙合同社説という形で掲載していた。

それにしても天下のアメリカの大統領と「たった1本のツイートをきっかけ」に投稿からわずか1日後には会談を成立させている。 東洋の小国の閉鎖された国の北朝鮮の最高権力者が「よくぞここまでにやれるようになった」と感心すべきであるが、今回の会談は最初から「何らの成果も結果もない」ものであった。それを承知の上で、日本のマスコミはさも大事な出来事のように扱い、テレビのワイドショーではいつもの専門家と言われている人たちが、得意げに話していた。

同じように、日本の北朝鮮研究者やマスコミが期待していた太永浩元北朝鮮駐在英公使の講演会が東京で開かれた。何しろ、今では黄長ヨプさんに次ぐ大物脱北者である。 太公使の手記ともいえる『三階書記室の暗号』は韓国では16万部も売れたといわれ、今回の訪日はこの本の日本語訳(『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録(文藝春秋)』)が出版されたのに合わせての訪日であった。

私は太さんとはこれまで2度会っており、韓国版の原書も読んでいたので、今回の講演会の話はある程度、理解していた。ただ、言わせてもらうと日本語版の中で監訳者の鐸木昌之先生(尚美学園大学教授)の「監訳者解説(?)だったか、これはよくできた文章で、さすがは北朝鮮研究者の中でも「第一人者」と言われる所以のある解説文である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • トランプ大統領と話す金正恩の姿に思う「彼は英語を話せるの?」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい