裏切りの韓国。すり寄る中ロや北にもソデにされる文政権の断末魔

shutterstock_565189495
 

輸出管理上の措置の適用問題でさらにこじれる日韓関係。韓国はアメリカに仲介を依頼したようですが、「かえって事態を悪くしている」とメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、数々の国際舞台で活躍する国際交渉人の島田久仁彦さんは語ります。島田さんは、ペンタゴンの関係者の発言などから、年内にも米韓同盟破棄の可能性を探る動きも出ていると伝え、周辺国はおろか世界中から相手にされなくなった文政権と最大の被害者である韓国国民の動向を注視しています。

北東アジアで進む韓国包囲網と断末魔の文政権

日韓の間に横たわる様々な問題は確実に韓国の外交と経済、そして安全保障の首を絞めています。 日韓の間の輸出管理上の措置に係る問題が経済的な打撃となりそうであることは(実際の経済にも、そして心理的にも)言うまでもないこととして、アメリカのトランプ政権に日韓問題の仲介を依頼したことで、問題はよりややこしくなっています。アメリカ・トランプ大統領が実際に仲介役として出来ることはかなり限定的との見方がありますので、アメリカが乗ってくるとは思えません。代わりに、アメリカから韓国に対する締め付けが何重にも厳しくなるでしょう。確実に、経済、外交、安全保障の面で韓国はかなり厳しい立場に立たされることになります。

例えば、アメリカが“同盟国”に呼び掛けている『ホルムズ海峡における艦船防衛のための有志連合への参加』については、その対象国に、一応、韓国も含まれるため、その対応の仕方および内容、度合いに影響が出てくるかもしれません。アメリカに対して、対日仲介をお願いした“見返り”に、本来よりも大きな貢献を約束され、韓国政府及び軍は、もしかしたら、遠い中東の地で地獄に巻き込まれるかもしれません。

そして、最近、韓国がアメリカを激怒させているのが、朝鮮半島および対中国情勢での安全保障上の日米韓の協力の“見直し”を、日韓の諸々の緊張の高まりを理由に声高に叫んでいることです。日韓の徴用工問題や慰安婦問題については、「あくまでも2国間のことゆえ、当事者間での話し合いを期待する」と距離を置いていますが、今回のGSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定:General Security of Military Information Agreement)の破棄に韓国政府が言及したことで、トランプ政権、特に米軍は、「これは、北東アジア地域におけるアメリカの地域安全保障戦略をないがしろにするものであり、同盟国日本への裏切り行為でもある」と強烈な批判を行ない、韓国政府に対して厳しくくぎを刺しています。

この“激怒”があることを現実化させそうです。それは、『米軍の韓国からの完全撤退』、『米韓合同軍事演習の無期限延長』、そして『対“朝鮮半島”攻撃準備』です。これは、ワシントンの防衛筋からの情報ですが、「韓国は北朝鮮に批判されながらも、平壌との融和を選び、中ロにサポートされ、恐らく北朝鮮主導で統一される朝鮮として、日米に対峙するのではないか」とのシナリオを基に、実際に準備されている動きだそうです。そして、「北と共に軍事的な抵抗を進める文政権に対し、日米は協力してその抵抗に応えないといけないだろう」、つまり“戦争の準備が必要”との認識だそうです。

print
いま読まれてます

  • 裏切りの韓国。すり寄る中ロや北にもソデにされる文政権の断末魔
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け