暑さのせい?ナショジオ賞写真家がインドで見た「猫型ロボット」

 

闘え!! チキンマン 

インドのオリジナルキャラとして僕が密かに注目してきたのが「チキンマン」だ。「チキンを食べてマッチョになろう!」が合言葉の鶏肉キャラクターで、マッチョなボディーと鶏化した頭が融合したキメラ的造形が特徴だ。

mitsui_0121_7

僕が初めてチキンマンに出会ったのは2007年。それ以来、様々なパターンのチキンマンを撮ってきたが、悲しいことに年々その数は減っていて、今では絶滅危惧種だ。手描きの濃いタッチのイラストも、その迫力が減りつつあるのが悲しい現状だ。頑張れ、チキンマン!闘え、チキンマン!
mitsui_0121_8
これが2007年、最初に出会ったチキンマンだ。独特のタッチの絵は映画看板を彷彿とさせるし、青いパンツからは鶏のマスクを被ったプロレスラーの存在を感じさせる。
mitsui_0121_9

マッチョ化が進みすぎて、もはや人間とは思えない体つきになったチキンマン。最初から人間じゃなくて半人半鶏だから、これでもいいのか。 

mitsui_0121_10

頭だけじゃなく足まで鶏になっているパターンもある。

mitsui_0121_11 チキンマンならぬチキンウーマンが現れた。このトサカからするとオスの鶏の頭部と、女性の体が合体。しかも鶏料理を調理中というシュールさだ。
mitsui_0121_12

今回は家族3羽を連れてきました。妻と娘二人です。どうぞよろしく。

mitsui_0121_13謎の半鶏人「チキンマン」の出生の秘密がついに明らかに。彼は卵から生まれてくるのだ。しかも赤ん坊(ヒナ?)の頃からすでにマッチョ。こんな怪人が「キン肉マン」に登場していたような気がしないでもないが。
mitsui_0121_14

というわけで、もはや絶滅危惧種となったチキンマンの看板を見かけた方はぜひご一報ください。

これまでの経験から、チキンマンは南インド(タミルナドゥ州、アンドラプラデシュ州)に集中しているようです。鶏肉屋の前を通りかかったら、ぜひチェックしてみてください。

image by: MASASHI MITSUI

三井昌志この著者の記事一覧

旅写真家・三井昌志が送るビジュアル・メルマガ。等身大のアジアの表情を、美しい写真と旅情溢れる文章で綴る無料メルマガ。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 素顔のアジア(たびそら・写真編) 』

【著者】 三井昌志 【発行周期】 ほぼ 週刊

print
いま読まれてます

  • 暑さのせい?ナショジオ賞写真家がインドで見た「猫型ロボット」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け