タイムスリップしたような景色も。インドで見かけた「動物と人」

0227mm_1
 

日本に住む私たちには考えられないような動物たちが街を闊歩している国、インド。そんな不思議でカオスな国の日常を、今回も無料メルマガ『素顔のアジア(たびそら・写真編)』の著者でナショナルジオグラフィック写真賞作家の三井昌志さんが届けてくださいました。私たちが「野良」と認識している牛たちの実態は、ちょっとばかり意外ですよ。

インドで野良牛にエサをあげて功徳を積む

インドの街を歩くと、様々な動物たちに遭遇する。

その代表格が「野良牛」だ。街角をフラフラと歩きながら、道ばたに落ちている残飯を漁っている牛のことだが、実はちゃんと飼い主がいて、夜になると家に戻ってミルクを搾られている。牧草の代わりに家庭から出る生ゴミを主食にしている飼牛、というのがいわゆる「野良牛」の実態なのだ。

0227mm_1

この「野良牛」たちは、市場に並べられている商品を勝手に食べてしまうので、市場で商売をしている人たちにとっては大変な厄介者なのだが、中には売り物のバナナを牛にあげている心優しい人もいる。牛はヒンドゥー教では神様の乗り物とされているので、大切にすれば功徳を積めるのだ。

0227mm_2

インドの街角で寂しげな目をした野良犬を見かけた。インド人は野良犬を特にかわいがったりはしないが、邪険にもしない。ただそこにいるものとして、存在を許容している。

0227mm_3

市場の片隅で、5匹の野良犬が身を寄せ合って眠っていた。振り返れば、そこに野良犬がいる。それを見て何となく切ない気持ちになる。それがインドという国だ。

0227mm_4

気持ちよさそうにひなたぼっこしているインドの猫。ヒンドゥー教徒に嫌われている猫は、インドでは見かけることの少ない動物だが、ムスリムの街や漁村にはいる。やっぱり猫のいる風景って平和だな。

0227mm_5

野良動物大国インドでは、飼い犬も少ないが、飼い猫はもっと少ない。この猫ちゃんは珍しく飼われているようだが、外に出たそうな顔をしていますね。

 

print
いま読まれてます

  • タイムスリップしたような景色も。インドで見かけた「動物と人」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け