「検察逃げた」の森法相が問題行動。委員長も思わず「あちゃー」

2020.03.13
421
by MAG2NEWS編集部 NK
001308743
 

安倍晋三首相は12日、森雅子法務大臣が「東日本大震災の時に福島県いわき市で検察官が最初に逃げた」「身柄拘束をしている十数人の方も理由なく釈放して逃げた」などと答弁したことについて厳重注意した。NHK毎日新聞などが報じている。


森法相、問題の答弁

問題とされているのは9日の衆院予算員会の「検察官の定年延長に関する質疑」の際の答弁だ。黒川弘務検事長の「定年延長」問題のことを追及されていた時のことである。森氏は、社会情勢の変化の例として東日本大震災のケースを取り上げ、「震災の時、検察官はいわき市から国民が避難していない中で最初に逃げたわけです。身柄拘束をしている十数人の方も理由なく釈放して逃げたわけです」と、質問とは関係のない内容の「私見」を述べ始めた。

これに対して、立憲民主党の山尾志桜里氏は事実関係をただしたが、森氏は「事実だ」と答弁。この答弁に野党側からは「大問題だ」「事実と異なり検察をおとしめるもの」「それは政府としての見解か」など反発の声が上がり、途中休憩のまま散会した。

森氏の問題行動に、予算委員長「あちゃー」

森氏の問題行動はこれだけではない。立憲民主党の蓮舫氏は、森氏が質疑中に委員長の許可を得ず、与党の理事の許可を得て離席したことについて指摘。化粧室に逃げ、森氏自らメディアに声をかけ、「ぶら下がり」と言われる記者団とのやりとりに応じたことを明かし、国会で話していない釈明を始めたことについて強く批判した。

森氏は取材のなかで、謝罪のタイミングや理由について「国会からご要望をいただきました」と虚偽の内容を話していたという。また、法務省担当者が森氏に戻るよう指示したあと、「質疑中だったので先ほどのぶら下がりは使わないようにお願いします」と述べたという。これについて予算委員長は「委員会中?」「あちゃー」と呆れており、ため息が止まらない様子であった。

print

  • 「検察逃げた」の森法相が問題行動。委員長も思わず「あちゃー」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け