小林麻耶「子宮にパワーストーン」の哀れ。スピ夫が洗脳 芸能界追放の危機に

2020.11.13
1140
by 編集部サトシュウ
小林麻耶
 

フリーアナウンサーの小林麻耶(41)が古巣であるTBSでトラブルを起こしている。発端は今年2月から木曜レギュラーコメンテーターを務めてきた「グッとラック!」(TBS系)を12日、突如降板したこと。所属事務所である生島企画室も同日、小林の契約解除を発表した。この一連の不可解な行動には、どうやら最愛の“スピリチュアル夫”が影響しているようだ。

小林麻耶が突然の降板&事務所クビ

「きのうの午前中に突然、番組の降板を言い渡されて、今日番組に出演できないことになりました」自身のYouTubeチャンネルで告白した小林麻耶。さらに、スタッフからいじめを受けたと語り、大きな波紋を呼んだ。

【関連】小林麻耶の洗脳は末期状態。「子宮系カルト」傾倒で精神崩壊 不測の事態も

しかし、TBSは小林が言ういじめの事実を否定。所属事務所も「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」とコメントを発表した。

トラブル続きの小林麻耶に一体何があったのだろうか?

夫の影響で「子宮系」スピリチュアルにドハマり

小林は2018年7月に整体師の國光吟氏(現あきら。)と結婚。一度は芸能界から引退をしたものの、2019年5月に生島企画室に所属して仕事復帰した。

夫の國光氏は「GiNヒーリング整体」という名称で施術を行う整体師で、全国に信者を擁するスピリチュアル界隈ではかなり知られた存在。若い頃はダンサーとして活動し、過去にはEXILEのバックダンサーを務めたこともある。

【関連】元検事が暴くTBSの嘘。『朝ズバッ!』不二家叩きデマ報道との死闘全記録

しかし、國光氏と結婚してから、小林は変わってしまったともっぱら評判だ。

もともと2人が出会ったのは、「子宮系」のイベント。と言われてもピンとこない方がほとんどだろうが、國光氏は子宮系スピリチュアリストとして有名なのだ。

どういうものかというと、女性器である子宮を重視したり、神聖視したりする考え方で、成人女性を中心に広く支持を集めている。スピリチュアリストが悩める女性たちの子宮に手をかざしたり、マッサージをするなどして、子宮を活性化させるという。

子宮系イベントは全国で行われていて、セックスや女性のマスターベーションを推奨したり、性に対して自由奔放に生きていいというような教えを普及。参加費が数十万円もするセミナーも普通にある。

【関連】近藤真彦マッチ“火遊び不倫”の特異性とは?ジャニ後輩ファン口説き「愚か者」大炎上

イベントの会場では子宮系の関連グッズが並び、子宮がキュンとするスプレーや、子宮を活性化するキャンディなどが売られているという。

ここまで聞いておわかりだろうが、一般の人から見ればかなり怪しい。ハマる女性もいる一方、さまざまなトラブルに発展するケースも多い。

サンケイスポーツによると、小林は「局内のスタッフや後輩アナウンサーらに、膣内に入れるとパワーがみなぎるというスピリチュアルなグッズを勧めていた」との情報もあるようで、小林麻耶は「子宮系」の広告塔のような存在になっていたのだ。

print
いま読まれてます

  • 小林麻耶「子宮にパワーストーン」の哀れ。スピ夫が洗脳 芸能界追放の危機に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け