断食は五感が研ぎ澄まされる。成功者が驚いた予想外の効果

151004_nofoods
 

ダイエットをはじめ、さまざまな効果があると言われる断食。やってみたいと思いつつ、なかなか一歩を踏み出せないという方も多いかと思います。そんな人の背中を押してくれるような「体験記」が、無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』に記されています。曰く、「身体がスゴク楽になる」んだそうですよ。

たるんだ身体を引き締める

長期連休では心身をしっかりリフレッシュする事が出来ます。が、一方で生活リズムも大きく変化する中で、仕事に時間を費やさない分、無駄なカロリー摂取をしがちになります。

故に連休明けは「たるんだ人」が続出します( ^)o(^ )。

今回は、そんなたるんだ身体を引き締める、私のとっておきの方法をお伝えします。

ある日の夕方の同僚との会話。

「あ~腹減った!」

「あれ? 音多さん、ランチをあれだけ食べて、午後はデスクワークだったのにもうもうお腹空いたんですか?」

「うん、何故か腹が減るんだよね。まいっか、寝てても腹は減るって言うし。今夜はトンカツとビールだな!」

私はこんな感じで毎日空腹感を満たし、1日3食きっちり取っていました。その結果、毎年腹囲が徐々に膨らみ、いつの間にかメタボ判定(腹囲86cm、女子は90cmね)が定番になっていたんですね。今年7月の健康診断では、γGTPの値も上限値の3倍に膨らみ冷や汗をかきました(ーー;)。

考えてみたら昨年は「炭水化物ダイエット」をお伝えしました。あの時はきっちり成功し、以来食べすぎには注意していたつもりだったんですが…。

実は今年に入って、内臓系を中心とした医学の本を読み漁っています。その中で特に面白いのが「メタボリックドミノ」を提唱された石井裕先生のお話。

そんな前知識も手伝って、ちょこちょこ運動したり、炭水化物を減らしたりはしていたんですが、きっちり食事の量を規定する程は管理をしていなかったので、今年もメタボ判定を受けてしまいました(ToT)/~~~。

そんな折り、私の健康師匠に相談した所「喝!」を入れられました。そしてその方の薦めである取り組みを始めた所、まさかの20代前半の身体を取り戻す事が出来ました。

その取り組みとは「断食」です。

断食は種類も様々ですが、私のリアル体験は参考になると思いますので、このメルマガでもお伝えしようと思います。

現在私は「週1ペース」で断食を実践しており、その役割を睡眠以外で命の力を再起動してくれるものと感じています。

ただこれは個体差(個々の体の状態や体調など)がありますので、積極的におススメするわけではありません。これからの話はあくまでサンプルとしてお考え下さい。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 断食は五感が研ぎ澄まされる。成功者が驚いた予想外の効果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け