条件整い次第再開を=「不自由展」中止で検証委-愛知

2019.09.25
0
by 時事通信

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、従軍慰安婦を象徴する少女像が展示された企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、愛知県の有識者検証委員会は25日、「安全対策などの条件が整い次第、速やかに再開すべきだ」とする中告をまとめた。
 報告書を受け取った芸術祭実行委員会会長の大村秀章知事は「しっかりと受け止め、条件を整えて再開を目指したい」と述べた。
 中告は、企画展の中止自体は「脅迫など差し迫った危険の下での判断でやむを得ず、表現の自由の不当な制限には当たらない」と指摘。一方、展示内容は妥当だったとして、脅迫に備えた十分なリスク回避策や作品解説の充実などを条件に、少女像を含む展示の再開を求めた。
 また、「展示作品への説明が不足し、批判を浴びるのは必至だった」と強調。混乱の原因は、慎重意見を退け開催を強行した津田大介芸術監督にあるとし、これを許容した実行委の組織体制にも問題があると批判した。
 津田氏は25日、県庁内で記者会見し、大村知事から混乱を招いたとして厳重注意を受けたことを明らかにした上で、「いささかの勇み足があった。厳粛に受け止めたい」と釈明した。芸術監督は続けるが、裏方に徹するという。(2019/09/25-19:05)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)