日産社長に内田専務=COOは三菱自のグプタ氏-集団指導体制に移行・来年1月

2019.10.08
0
by 時事通信

日産自動車の次期社長兼最高経営責任者(CEO)に就く内田誠専務執行役員

日産自動車の次期社長兼最高経営責任者(CEO)に就く内田誠専務執行役員

 は8日、辞任した西川広人前社長兼最高経営責任者(CEO)の後任に内田誠専務執行役員(53)を起用するトップ人事を発表した。最高執行責任者(COO)には日産傘下ののアシュワニ・グプタCOO(49)が、副COOには日産の関潤専務執行役員(58)が就く。遅くとも2020年1月1日付の就任を目指す。
 カルロス・ゴーン前会長の経営はトップダウン型で、取締役会は暴走を止められなかった。日産は内田氏らによる集団指導体制に移行し、経営のチェック機能を強化する。


日産自動車の最高執行責任者(COO)に就くアシュワニ・グプタ三菱自動車COO

日産自動車の最高執行責任者(COO)に就くアシュワニ・グプタ三菱自動車COO

 横浜市の本社で記者会見した日産の豊田正和指名委員長は、内田氏の人事について「海外経験が豊富で、日商岩井(現)、日産、ルノーなど多彩な経験があり、難しい時期のリーダーにふさわしいと判断した」と語った。「アライアンス(提携)を大事にする方だ」とも指摘した。内田氏は日産の中国合弁会社、東風汽車有限公司のトップも務めている。
 木村康取締役会議長は、新経営陣について「集団指導体制でお互い切磋琢磨(せっさたくま)して支え合い、透明で公平な判断ができる」と述べた。また、「新体制の下で早期の業績回復と新しい日産の再建に全社一丸で取り組んでほしい」と語った。(2019/10/08-23:32)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)