芝野八段、10代初のタイトル=史上最年少-囲碁・名人戦

2019.10.08
0
by 時事通信

芝野虎丸八段

芝野虎丸八段

 囲碁の張栩名人(39)に芝野虎丸八段(19)が挑戦する第44期名人戦7番勝負第5局が7日から静岡県熱海市で打たれ、8日、白番の芝野が252手で中押し勝ちし、4勝1敗で初のタイトルを奪取した。
 10代の名人は史上初。19歳11カ月での7大タイトル獲得は、井山裕太4冠(30)が同じ名人戦で達成した20歳4カ月の最年少記録を10年ぶりに更新した。
 芝野新名人は神奈川県出身で、2014年に14歳で入段(プロ入り)。17年、竜星戦で優勝し、七段昇段。同年、史上最年少の17歳11カ月で名人戦リーグ入りした。昨年は日中竜星戦で世界最強棋士の一人、中国の柯潔九段を破って優勝した。
 今期の名人戦リーグは6勝2敗で首位に並んだ河野臨九段(38)とのプレーオフを制し、入段から4年11カ月の史上最速で7大タイトル挑戦を決めた。7番勝負は初戦を落としたが、その後は4連勝で押し切った。入段から5年1カ月での7大タイトル獲得も史上最速記録となった。芝野新名人はタイトル移動日の9日付で九段に昇段する。
 記者会見した芝野新名人は「(20歳に)ほとんど近いが、10代で良かった」と笑顔を見せ、「井山先生のようにどんどんタイトルを取っていけたら」と語った。(2019/10/08-20:30)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)