台風19号、東海や関東に接近・上陸か=12~13日、暴風大雨警戒-気象庁

2019.10.10
0
by 時事通信


 大型で猛烈な台風19号は10日午前、小笠原諸島・父島の南海上を北上した。非常に強い勢力で12日午後から13日未明に東海や関東に接近、上陸する恐れがある。暴風や高波、大雨に厳重な警戒が必要になるとみられ、気象庁は早めに備えるよう呼び掛けている。
 西・東日本の太平洋側では11日午後から非常に強い風が吹き、同日夜には猛烈なしけになる所がある。西日本の太平洋側と東日本では11日午後から大雨になる所がある見込み。19号は13日朝には三陸沖に達し、その後は北海道の北東へ遠ざかると予想される。
 19号は10日午前9時、父島の南南西約490キロの海上を時速20キロで北へ進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートル。半径240キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側750キロ以内と西側600キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 11日にかけて予想される最大瞬間風速は、小笠原諸島と東海、近畿、四国35メートル、伊豆諸島30メートル。波の高さは小笠原・伊豆諸島10メートル、近畿9メートル、東海と四国8メートル、関東と九州南部、奄美、沖縄6メートル、九州北部5メートル。
 12日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と近畿200~300ミリ、関東甲信100~200ミリ、四国100~150ミリ、東北50~100ミリ。その後も雨量が増える見込み。(2019/10/10-10:19)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)